血圧を下げる飲み物を成分と効果ごとに一覧表にしました。テレビのCMで見かける特定保健用食品や機能性表示食品は、血圧を下げる効果が認められた飲み物がたくさんあります。また普段飲んでいるお茶やコーヒーなどにも降圧作用が期待できる成分が入っています。このように血圧を下げる成分を含む飲み物を徹底的に紹介しています。




スポンサーリンク



スポンサーリンク

血圧を下げる飲み物一覧と成分

血圧を下げる【飲み物】と【成分】と降圧作用のメカニズムを一覧で紹介しています。

柿の葉茶の成分【タンニン】

柿の葉茶に含まれる成分「柿の葉タンニン」には脂肪や油を分解し消化を助ける働きと抗酸化作用があります。高血圧、動脈硬化、循環器改善などに効果が期待出来ます。

亜麻仁油の野菜ジュース

池谷敏郎先生がテレビ番組や雑誌で紹介している亜麻仁油入り特製野菜ジュースは、オメガ3系脂肪酸で血液をサラサラにしたり悪玉コレステロールを除去する他に脂肪を燃焼するダイエット効果が期待できるので高血圧患者にお勧めです。

ゴーヤ茶の成分【カリウム】

ゴーヤ茶の成分カリウムには体内の余分な水分を排出する働きがあります。血液量を調整して血圧を下げたりむくみを解消する効果が期待できます。

杜仲茶の成分【ゲニボシド酸】

杜仲茶の中の主成分の一つであるイリドイト配糖体のゲニボシド酸には、血圧を降下させるだけでなく高血圧に伴うめまい、頭痛、耳鳴りや不眠などの不快な症状の改善します。

緑茶の成分【カテキン】

緑茶に含まれるカテキンには、血圧上昇抑制作用をはじめ、血中コレステロール調節作用や血糖値調節作用など様々な効果があります。さらにギャバロン茶にも注目です。

そば茶の成分【ルチン】

そば茶に含まれる成分ルチンには強力な抗酸化作用があり、血管の柔軟性が保つことで血液の流れがスムーズにし血圧を正常値に安定させることができると言われています。

ドクダミ茶の成分【カリウム】

ドクダミ茶にはカリウム、クエルシトリン、イソクエルシトリン、イソクエルセチンといった4つの成分が含まれており血圧を下げる働きに期待が出来ます。毎日の水分補給にお茶を飲むなら、ドクダミ茶にすることで高血圧を予防できるメリットもあります。

ハブ茶の成分【アントラキノン誘導体】

ハブ茶に含まれているアントラキノン誘導体には、コレステロール値を低下させる作用があります。そのため高血圧の原因となる動脈硬化を防ぎ、血圧を下げる効果が期待できます。またハブ茶のその他の健康効果も紹介します。

ヒュウガトウキ茶の成分【イソエポキシプテリキシン】

ヒュウガトウキ茶のYN-1(イソエポキシプテリキシン)という成分は、アンジオテンシン変換酵素の働きを抑制して血圧を下げる効果が期待されています。また、YN-1には、血糖値を下げる働きを持つホルモンであるインスリンの分泌を活発にする働きもあります。

ヤンロン茶の成分【フラボノイド】

日本では、ヤンロン茶と言われている羅布麻茶のフラボノイドと呼ばれるイソクエルシトリンとハイペロサイドを合わせた成分が入っており、血管を拡張し血圧を下げる効果が期待されています。

玉ねぎ皮茶の成分【ケルセチン】

玉ねぎ皮茶に含まれている「ケルセチン」がと言う成分が血流や血管の改善に期待されています。ケルセチンはポリフェノールの一種でとても高い抗酸化作用があり高血圧や動脈硬化といった生活習慣病の予防に効果がある成分の一つです。

塩分の摂り過ぎがヤバイ!
1日塩分摂取量は6グラムが理想とされているのに日本人の平均塩分摂取量は10グラムを超えているのをご存知ですか?これが高血圧の主な原因と言われています。