血圧の正常値は、高血圧学会によって定められ高血圧治療ガイドラインとして公表されています。それによると成人の血圧正常値は、139/89mmhg以下とされています。逆に140/90mmhg以上になると高血圧を疑います。つまり140/90mmhg以上が高血圧の基準値となるワケです。

ただし、様々な条件により血圧の正常値と高血圧の基準値は変わります。基本は成人の男女で設定され、幼児や子供、高齢者、女性の場合など細かく設定されています。また他の病気がある場合や血圧の測定方法によっても変わります。

さらに高血圧の研究が進むと高血圧治療ガイドラインも改定されます。最近では、2009年、2014年と5年ごとに改定されており、血圧の正常値や基準値も変更されています。




スポンサーリンク

成人の血圧正常値は、139/89mmhg以下

139/89mmhg以下が、成人の男性および女性、前期高齢者(65歳~74歳)までの血圧の正常値です。また数値の範囲内でも以下の3つに基準値が分類されています。

  • 至適血圧   (上)120以下/(下)80以下
  • 正常血圧   (上)120~129/(下)80~84
  • 正常高値血圧 (上)130~139/(下)85~89

家庭血圧@成人の血圧正常値は、134/84mmhg以下

血圧の正常値の基準値は、血圧計によっても変わります。成人の血圧正常値(139/89mmhg以下)は、病院で計る診察室血圧をもとに定められた数値です。もう一つの計測方法は、家庭で計る家庭血圧です。この場合、-5mmhgした数値が正常値となります。

  • 診察室血圧 (上)139以下/(下)89以下
  • 家庭血圧  (上)134以下/(下)84以下

高齢者の血圧正常値は、150/90mmhg未満

高齢者は、前期高齢者と後期高齢者に分類されています。前期高齢者は成人の血圧正常値と同じ139/89mmhg以下です。後期高齢者(75歳~89歳)の血圧正常値は、150/90mmhg未満となります。

  • 前期高齢者【65歳~74歳】(上)139以下/(下)89以下
  • 後期高齢者【75歳~89歳】(上)149以下/(下)89以下

女性の血圧正常値は、139/89mmhg以下

女性の血圧正常値は、成人の血圧正常値と同じ139/89mmhg以下です。ただし女性の場合は、女性ホルモンが血圧上昇を抑制しているため比較的血圧が低い傾向にあります。ところが更年期を過ぎると女性ホルモンの分泌が減少し、急激に高血圧になる人が増えます。また妊娠中に血圧が上昇する傾向もあるため個別に正常値が定められています。

  • 中学生の女子 (上)135未満/(下)80未満
  • 更年期の女性 (上)139以下/(下)89以下
  • 妊娠中の女性 (上)160未満/(下)110未満

※妊娠中の女性の血圧正常値は、これ以上になると治療が必要な数値であり、正常値とは少し違います。妊娠中は分娩が近くなると血圧が高くなる傾向があります。

子供の血圧正常値は、130/80mmhg未満

子供の血圧正常値は、以下のように幼児から小学生、中学生、高校生で分類されます。小学生低学年までは、血圧は低い傾向にありますが、基準値を超える場合は、二次性高血圧を疑います。しかし、最近では生活習慣病の低年齢化が進み、中学生高学年から高校生にかけて高血圧が増えています。

  • 幼   児 (上)120未満/(下)70未満
  • 小 学 生 (上)130未満/(下)80未満
  • 中学生女子 (上)135未満/(下)80未満
  • 小学生男子 (上)140未満/(下)85未満
  • 高 校 生 (上)140未満/(下)85未満




スポンサーリンク


年代で減少する血圧の正常値の割合