なぜ、運動不足だと高血圧になってしまうのか?
そのメカニズムと、運動不足を解消する効果的な運動など血圧を上げない対策をまとめています。

運動不足が高血圧の原因なるメカニズム

運動不足になると日常的な血圧や脈拍数が上がりにくくなり心臓や肺などを衰えさせ血液が体内にスムーズに循環しなくなります。その結果、血圧を上げてしまい高血圧になりやすくなります。

運動不足により身体に悪い余った養分、特に悪性コレステロールや中性脂肪が血管にくっついてしまったり、血液中に入ろうとし、血管の壁に溜まってしまいます。すると、血管の内側が細くなるので血液の流れが悪くなり心臓が頑張って機能しょうと強い圧力をかけ血圧が高くなります。

さらに、血管の状態が悪化すると動脈壁が傷ついてしまい硬くなって動脈硬化となるようです。そして血圧が上がってしまい高血圧になってしまいます。特に肥満傾向の方に多くみられますので注意する点です。

食事をしないというのは無理なことなので無駄な脂肪などコレステロールが高い物を食べすぎないように注意することが大切です。




スポンサーリンク



スポンサーリンク

効果的な運動不足解消は有酸素運動

激しい運動を急にすると血圧が急激に上昇してしまいます。ウォーキングのような全身を使っての有酸素運動が望ましいです。

有酸素運動は、心臓や肺などの器官を鍛えることが出来、身体の中に酸素を取り入れることが出来るので心臓に負荷が軽く出来ます。

ウォーキングの他におすすめの有酸素運動は、サイクリングや水泳が効果的な有酸素運動になります。特に水泳は水中では体が軽く楽になり全身運動になるので泳ぐことが好きな方にはおすすめです。

その他に日常生活で行えるのが、徒歩や階段の上り下り思い荷物を運んだり子供と遊ぶことなどで簡単に動くことが出来ます。

また、高血圧になる原因に肥満もありますが、肥満傾向の方は内臓脂肪を減少させると血圧が下がる傾向があるので、特に適度な運動はとても大切と言えます。

さらに、それに加えて食事は、栄養素のバランスを考えたカロリーを抑えた食事を摂る事で内臓脂肪が減少されるみたいです。

有酸素運動をするうえでの注意点は、無理をすることは避けましょう。高血圧の方が急激に血圧を上げてしまうととても危険な場合もあるそうです。

ですので、無理は決してせず、きちんと継続出来る方法でゆっくりと運動していくことがポイントになります。

心臓がドキドキしたり、少しでも辛かったり苦しい時は、運動を中止し深呼吸をし落ち着いてから始めるようにしてください。

適度な運動はストレス解消の効果もそして、高血圧の原因の1つであるストレスですが、適度の運動を行うことでストレス解消にもなりますので高血圧の予防や改善に良い方法です。

中には、体を動かすのが苦手で続けることが出来ない!そんな方にオススメなのが、自宅で出来る簡単なストレッチやヨガやラジオ体操です。

ゆっくり深呼吸しながら行えて、リラックス効果もあり、簡単な方法なので、これなら続けることが出来そうですね。いずれにしても、運動は無理をしない自分に合った運動方法を探し楽しみながら継続していけると血圧低下に繋がるようです。




スポンサーリンク

  1. こちらの情報は、専門書などを参考に当サイトがリサーチして取りまとめた情報を記載しております。あくまでも個々の素材の特徴を知る上での参考情報としてご活用頂ければ幸いです。詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

塩分の摂り過ぎがヤバイ!
1日塩分摂取量は6グラムが理想とされているのに日本人の平均塩分摂取量は10グラムを超えているのをご存知ですか?これが高血圧の主な原因と言われています。