血圧が高い状態が続くことで血管がダメージを受け他の病気を発症することを高血圧の合併症と言います。 主に脳・心臓・腎臓・高脂血症に発症する高血圧の合併症の危険性について対策方法をあわせて解説します。

高血圧の合併症とは

血圧が高い状態が続くことで血管がダメージを受け他の病気を発症することを高血圧の合併症と言います。 合併症は脳・心臓・腎臓などに発症するケースが高く発症する箇所において色々な種類の病気のリスクが高まります。

  • 脳卒中・・・脳出血/くも膜下出血/脳梗塞
  • 心臓病・・・心肥大/狭心症/心筋梗塞
  • 腎臓病・・・腎硬化症/慢性腎臓病
  • その他・・・糖尿病/脂質異常症/大動脈瘤

高血圧の合併症の危険性について

高血圧の合併症は、どれも生命の危険がともなう重大な病気です。血圧が高くなる主な原因は、動脈硬化により血管が細くなり血液の流れが悪くなるので心臓が血圧を上げて無理に血液を押し出している状態です。

つまり血圧が高い状態がつづくと血管がダメージを受けるリスク(危険性)が高まり、同時に合併症を発症するリスクもどんどん高くなります。

高血圧と診断されると医者は、薬物治療を優先して行います。とにかく危険な高血圧の合併症にならないことが第一優先なのです。そのために高血圧治療薬の中でも強制的に血圧を下げる降圧剤により、適正値まで血圧をさげるようにコントロールします。

血圧を下げる効果がある降圧剤は、あくまでも合併症を引き起こさないために一時的に血圧を下げているだけでなので、薬を飲んでも高血圧の根本治療は出来ません。

つまり降圧剤により血圧をコントロールしているあいだに、血圧を上げている原因を改善して血圧を正常値に戻すことが必要です。多くの場合、生活習慣が原因となっていますので、早い時期の見直しが大切です。




スポンサーリンク



スポンサーリンク

脳に起きる高血圧の合併症 

脳に関する高血圧の合併症は、生命の危険がともなうものばかりです。 動脈硬化が進み血圧の高い状態が続き発症するのが脳卒中で、脳卒中には、 脳出血、脳梗塞、くも膜下出血があります。それぞれの合併症について解説します。

脳出血

脳卒中には、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血などがあります。その中でも高血圧にとても関係深いのが、脳出血です。脳出血のほとんどが、高血圧により、脳内の細動脈が動脈硬化を起こし、脳内の血管が破れてしまうのです。

場所や出血量にもよりますが、ほとんどが前ぶれもなく起こるようで、急に意識を失ったり、激しい頭痛などが起こります。手足や全身のけいれんや体の半分がマヒしてしまうのが症状です。重症の場合は急に昏睡状態に陥ることもあります。

出血した場所により、手術で血腫を取り除いたり、止血薬や降圧薬などで治療する場合があります。意識障害が軽い場合は命が助かる確率が高いですが、片マヒなど障害が残ることもあるようです。

そのような場合はリハビリなどを行い社会復帰出来るように行うようです。 ですが、くも膜下出血と同様、死亡率が高く、半数近くが死亡するといわれており、とくに脳室に穿破する大出血や橋出血などは死亡率が高いそうです。

脳梗塞

動脈硬化が起こっている脳の血管に血栓などが詰まってしまい、血流が行きわたらなくなり、脳細胞が壊死してしまうのが脳梗塞なのです。

症状としては、片方の手足がマヒを起こしてしまったり、言葉のもつれ、物を上手く取れなくなったリがあります。このような症状は急に起こることもありますが、徐々に起こる場合があるようです。そして起こり方から3種類の脳梗塞に分けられます。

  1. アテローム血栓性脳梗塞は、脳の太い血管に起きる梗塞で脳梗塞の大部分をしめています。
  2. ラクナ梗塞は、脳の細い血管に起こる日本人では一番多いタイプで半数近くを占めます。小さい梗塞が多く起こると、認知症の原因になりやすいといわれています。
  3. 心原性脳塞栓症は、心臓の中に出来た血の塊(血栓)が脳動脈をふさぎ発症する脳梗塞です。心原性脳塞栓症は比較的太い血管が急に詰まり範囲が広くために重症が多いです。

そして脳梗塞と同じ発作が起こり、24時間以内に症状が治まってしまうのが、一過性脳虚血発作です。これは動脈硬化を起こし一時的に血流阻害を起こしてしまい脳梗塞の前ぶれと言われています。

脳梗塞で壊死した組織は元に戻りませんが一過性脳虚血発作で発見が出来た時は適切な治療や食事、生活を改善することで脳梗塞を予防出来るそうです。

くも膜下出血

脳をおおう髄膜は上から硬膜、くも膜、軟膜、であり、膜の間には血管が通っており、くも膜と軟膜の間をくも膜下腔といい、ここを通る血管が切れ、くも膜下腔に出血した状態をくも膜下出血といいます。

くも膜下出血が起こると激しい頭痛、特に後頭部に痛みがあり、首が硬直したり、吐き気や、嘔吐などがあるようです。出血が多いと意識がなくなる事がありますが発作が起きてから数日して意識がなくなる場合もあるようです。

手術が可能な場合再出血が起こらないように手術しますが出来ない場合は再出血することもあるようです。脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血は、睡眠中に起こることが多いようです。

上記のような症状は一過性で1~2週間程度で軽快する場合が多いが、出血発作が激しい場合は、けいれん発作を起こしたり、頭痛と同時に意識を失う場合もあり、意識が回復しないまま死亡してしまうこともあるようです。

脳梗塞

多くは心臓などで出来た血液の塊が血流に流れ脳まで運ばれて脳の血管につまることを脳塞栓といいます。ときには細菌などが血流とともに脳にいき、血栓と同じように脳細動脈を塞いでしまう。血流が止まることによって脳細胞が死滅、脳神経に障害が起こる。

症状は、脳血栓とは異なり発病が急で、数秒、あるいは2,3分で神経症状が起こる。ほとんどが前ぶれなどがないようです。また、年齢に関係なく、再発作が起こりやすいようです。

後から、何時何分に始まったとわかるくらい、突然に発症します。症状は脳血栓症と同じように、体半分のマヒや感覚障害、または、失語症や半盲がみられるようです。特に失語症の頻度が高く、体のマヒがなく、失語症はまず脳塞栓であることが多いようです。

このように高血圧になると脳に関する合併症のリスクが高まります。まずは降圧剤で血圧を下げながら、血圧が正常値で生活できるような根本的な高血圧治療が必要です。

心臓に起きる高血圧の合併症 

高血圧の状態が長期間続くことで、心臓は血液を送り出すとき強い力がかかります。すると、心臓は心筋(心臓を構成している筋肉)の細胞を大きくして血液を送り出そうとします。

そのため心臓の壁が厚くなりまます。それが”心肥大”です。心肥大が進展すると、心機能の低下や心不全につながります。また、高血圧が続くことで動脈硬化が生じ血管が狭くなるために狭心症や心筋梗塞が起こりやすくなります。その心臓病と高血圧について解説します。

心肥大

心臓の壁は筋肉でできていいます。高血圧が続いたり、動脈硬化が進むと、 全身に血液を送りだす心臓の左室はより強い力が必要となり、 左室の壁が厚くなるという左室肥大が起こってきます。

これは、心臓の筋肉をつくっている心筋細胞は数を増やすことができないため それぞれの細胞が大きくなることで、心臓の負担を軽くしようと 細胞と細胞の間にある線維組織が増加して壁を厚くするためです。

しかし、こうした左室肥大が起こってくると、心臓に養分と酸素を送り込む 冠動脈や毛細血管にさまざまな異常がみられるようになってしまいます。 このような状態が続いてしまうと、心筋は酸素と栄養(血液)が不足してしまいます。

冠動脈の血流量の調節異常が起こってくると、心筋に必要な血流量が得られない虚血状態になりやすく 、狭心症や心筋梗塞、心不全といった虚血性心疾患の発症につながります。

心不全になると、動悸、息切れ、が起こりやがて呼吸困難になってしまいます。 呼吸困難は特に夜寝ている時に起こりやすいので生命にもかかわることもあるようです。

不整脈

心臓の収縮と拡張 (拍動)のリズムが正常範囲を超過してしまい、 遅くなったり速くなったりして乱れてしまう事を不整脈といいます。

自覚症状が出る場合には、ふらつき、めまい、失神などが起こることもあり、 重大な不整脈が隠されていることがあります。不整脈とは、脈がゆっくり打つ、速く打つ、または不規則に打つ状態があります。

不整脈には病気に由来するものと、そうでない、生理的なものがあります。 例えば、運動や精神的興奮、発熱により脈が速くなりますが、これはだれにでも起こることですが、 脈が不規則になるものの中に期外収縮があります。

これは30歳を超えるとほぼ全員に起こることで、年をとるにつれて増加します。 期外収縮の数が少ない場合は生理的な不整脈といえます。

また、一般に脈拍が1分間に40以下になると、徐脈による息切れや、 めまいなどの症状が出やすくなります。原因がなく、突然、脈拍が1120以上になる場合は病的な頻脈の可能性があり、頻脈になると動悸、息切れのほかに、胸痛やめまい、失神といった症状が出ることがあります。

時々脈が飛ぶ場合は期外収縮の可能性があります。心肥大、心筋梗塞、心筋症、心不全などが原因で不整脈になることがあるそうです。

心筋梗塞

冠動脈への血液が長時間とだえ詰まらせ、血液のとだえた先の心筋が壊死してしまうのが心筋梗塞です。冠動脈はすでにアテロームによって部分的に狭くなっていることが多く、アテロームが破裂したりちぎれたりすると、動脈はさらに狭くなって血栓が詰まりやすくなります。

破裂したアテロームは血流を減少させるだけでなく、血小板の粘着性を高める物質を放出してしまい、血液はさらに固まりやすくなります。

高血圧の人の場合は血圧が高くなることで動脈硬化がおこり、その影響で一般的の人よりも血栓が出来やすくなります。 心筋梗塞は発作が起きたら救急車でCCUやICUのある病院に搬送されます。退院後も、降圧薬や血小板凝集抑製薬(アスピリンなど)を服用し再発しないようにする。

また、薬で効果がでない場合は、経皮経管的冠動脈形成術、バイパス手術、ステント(金属製の円筒やコイル)を挿入する手術などを行うようです。高血圧治療とともに、生活習慣である食生活や日常生活を改善したり注意する必要があります。

狭心症

心筋や酸素、栄養(血液)を送る動脈を冠動脈といいますが、高血圧による動脈硬化で冠動脈が狭くなることで十分な酸素などを送れなくなる状態になります。血流がとだえ心臓が働けなくなります。血流が一時的にとだえてしまうのが狭心症です。

高血圧があると動脈硬化で心臓への負担も大きいので、狭心症が起こりやすくなります。狭心症は胸が締め付けられるような痛みが特徴です。 このような痛みはしばらく安静にしていると、数分程度で治まる事が、多いですが、10分以上続くようですと心筋梗塞の可能性があるようです。

左胸や胸全体に痛みがあり、胸から肩や腕にかけての放散痛もある場合があります。心筋梗塞や狭心症はいずれも動脈硬化が原因でなりますので高血圧の方にはとても危険な合併症のようです。 薬の使用で発作を抑えることが出来ますが手術しなくてはならない場合もあるようです。

腎臓に起きる高血圧の合併症 

高血圧は全身の血液に悪影響を及ぼします。そのため長年高血圧の状態が続くと腎臓の機能が失われる腎不全や腎硬化症など腎臓病に関わる合併症のリスクが高くなります。その関係性について解説しています。

人体の中で大切な働きを担っている腎臓。その腎臓の機能と高血圧は深い関係があります。 高血圧は全身の血液に悪影響を及ぼします。長い年月高血圧ですと体の中で重要な役割を担っている腎臓の機能が低下し、腎不全や腎硬化症などの病気を招く事がわかってきました。その、腎臓と高血圧の関係について解説します。

腎不全

高血圧が原因で併発してしまう合併症の一つに腎不全があります。腎不全とは老廃物や余分な水分を排泄できなくなることをいい、腎不全には、急に働かなくなった急性腎不全と長い年月で悪化し動かなくなってしまった慢性腎不全があります。

急性腎不全は、一時的な症状であり、1日400cc以下の尿量が数日間続いたときに急性腎不全と診断されるようです。この原因は多量の出血、脱水、腎血管障害、心不全、尿路閉塞などがあります。急性腎不全は、このような原因となる病気や症状を改善することで腎臓の機能は元に戻るようです。

慢性腎不全は、腎硬化症、糖尿病性腎症、慢性腎炎、などの病気、さらに、高血圧が長年続くことでおこる動脈硬化の影響で腎臓機能が低下し腎臓が硬くなることで慢性腎不全になります。

私達の体内では、体の中で不要になった老廃物は、血液によって腎臓に運ばれ、腎臓にある網目のような”糸球体”で濾過され尿として体外に排出されています。この過程は糸球体にかかる圧力、つまり血圧によって調節されています。高血圧が続くとこの糸球体が動脈硬化を起こし、次第に濾過機能が低下し老廃物は排泄されなくなり腎不全になります。

腎不全の症状は、尿の量が減り、むくみ、倦怠感、食欲不振、不整脈、肺水腫、心不全などの症状があります。腎不全になり、腎臓がほとんど機能しなくなってしまうと血液を浄化して、生命を維持するために人工透析か腎臓移植を行わなくてはなりません。ですので、食事療法や降圧薬などを使い血圧をコントロールしながら病気と付き合っていくことになります。

慢性腎臓病

慢性腎臓病とは、健康な人とくらべて、腎機能が60%以下に低下してしまう状態、もしくは、たんぱく尿が3ヶ月以上続く腎障害が起きている状態をいいます。

高血圧になると慢性腎臓病になる可能性が高く、むくみ、貧血、倦怠感、頻尿、息切れ、などの自覚症状があらわれます。初期の段階では、ほとんど自覚症状がありませんが、腎臓と高血圧は密接に関係しているので、高血圧の治療が大切になります。

腎硬化症

腎臓は余分な水分や老廃物を尿にしたり、血中の電解質のバランスの調整などを行います。腎臓には無数の細小動脈があり、高血圧が続いてしまうと、細動脈が動脈硬化を起こし、腎機能の低下になることを腎硬化症といいます。

腎硬化症は進行が遅く、尿検査などで異常が見つかりにくく、異常が見つかったとしても軽いタンパク尿が出る程度です。しかし、腎機能がだんだん低下してくると、老廃物が体にたまってしまいだるさや食欲不振などの症状が出てきます。

腎臓は血圧と密接な関係であり、腎臓病があると高血圧を起こしやすくなるようです。また、高血圧になると腎硬化症が悪化してしまいます。腎硬化症を放置したままでいると腎不全へと進展してしまう可能性が高くなります。腎硬化症の治療には、血圧コントロールを行う必要があります。

また、悪性腎硬化症は高血圧とともにタンパク尿や血尿などの腎不全症状が起こり、眼底にうっ血乳頭が認められたり、網膜に白斑出血などがあるようです。経過が早く、尿毒症を起こしてしまったり、あるいは急に高血圧脳症を起こすことがあるようです。

血液に起きる高血圧の合併症【高脂血症】 

高脂血症(脂質異常症)とは?

聞いたことありませんか?善玉コレステロールと悪玉コレステロール。

高血圧の大きな原因の一つが動脈硬化です。動脈硬化とは、加齢や食生活が原因で動脈が硬くもろくなってしまったり、壁にコレステロールなどが沈着して壁の一部が厚くなります。それによって血管が狭くなり血液の流れを悪くしてしまう状態を言います。このようになってしまう原因となるのが脂質異常症(高脂血症)です。

血液に含まれている主な脂肪は中性脂肪とコレステロールです。中性脂肪は末梢組織でエネルギー源へとなり、コレステロールは細胞膜やステロイドホルモンの原料として使われるので、どちらも生きていく中では人間に必要な脂肪です。

血液に含まれている脂肪はそのままでは血液にとけないため、”リポタンパク質”と結合し血中にとけこみます。この時働いてくれる”リポタンパク質”が、LDLとHDLですが、働く内容が全く違います。

LDLは、コレステロールを肝臓から全身の細胞に運んでいます。しかし、あまったコレステロールは動脈の内壁に沈着しやすく、増加しすぎると血管が溜まり、動脈硬化の原因となってしまいます。その為LDLコレステロールを悪玉コレステロールと言っています。

逆に、HDLは、動脈の内壁に沈着し動脈硬化を引き起こすコレステロールを回収して肝臓まで運ぶ働きをしています。その為HDLコレステロールを善玉コレステロールと言います。血液中に、中性脂肪とコレステロールが異常に多くなった状態を脂質異常症(高脂血症)と言います。脂質異常症が進むと動脈の内壁に脂肪が付きやすくなるため動脈硬化を予防しなくてはなりません。

高脂血症(脂質異常症)の対策方法

対策としては、動脈硬化を起こしやすい要因があるLDLコレステロールを増やさない事が大切です。それには、1日の目安の脂質は総カロリーの20~25%にし、コレステロールが多い食品を摂り過ぎないようにし、動物性脂肪に偏った食事をしないでバランス良い食事をするように心がけましょう。また、適度な運動をすることも大切です。

【コレステロールが多い食品】

卵、魚卵、牛肉、豚肉、鶏肉などレバーなどの内臓。いか、タコ、エビ、たたみいわし、フォアグラ、煮干など、肝や内臓ごと食べる魚等には多く含まれますので食べ過ぎに注意しましょう。

脂質は、体に必要な栄養素ですが、量や種類に気をつけましょう。動物性脂肪に偏らないよう、植物性脂肪、魚油、大豆、紅花油、オリーブ油などいろいろな脂質を適量摂取すると良いそうです。和食は、比較的脂肪の少ないメニューが多いのおすすめです。しかし、和食にも注意点があります塩分です。みそ汁や漬け物など和食には塩分が多く含まれるので減塩を心がけてください。

低脂肪の素材を使った魚や豆腐がメインのものをメニューに取り入れるといいようです。肉を食べるときは、高脂肪のロースやバラ肉よりも、低脂肪のヒレやもも肉を使って料理するといいようです。鶏肉は、皮をはずすとカロリーが半分に抑えられます。揚げ物や炒め物など油を多く使った料理は、揚げ物の衣はなるべく薄くつけて調理したりするのも良いです。

また、まぐろ、さんま、いわしなどの青魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)や、DHA(ドコサヘキサエン酸)の不飽和脂肪酸が多く含まれており、動脈硬化などを防ぐ効果があります。青魚を1日1回は食べるようにするといいですね。




スポンサーリンク


塩分の摂り過ぎがヤバイ!
1日塩分摂取量は6グラムが理想とされているのに日本人の平均塩分摂取量は10グラムを超えているのをご存知ですか?これが高血圧の主な原因と言われています。