高血圧の薬の効果と目的とは

高血圧と診断され血圧が高い状態が続くと合併症のリスクが高くなるため薬(降圧剤)を処方され強制的に血圧を下げます。合併症のリスクを下げるため降圧剤などの薬で血圧を下げるのは当然と言えば当然です。

しかし、高血圧治療薬を飲み続けているのに!

「いつまで飲めばよいのだろう・・・。」

「副作用が怖い・・・。」

など、このような不安を感じながら薬を服用されている方がたくさんいらっしゃいます。

病気や疾患など原因がわかっている二次性高血圧であれば、その病気を治療すれば血圧は下がり正常値になるのですから高血圧も治り降圧剤を飲む必要はなくなります。

ですが、多くの場合、生活習慣などが原因の本態性高血圧ですから、薬(降圧剤)を飲めば血圧は安定しますが、高血圧を改善する事ができないまま薬を飲み続けているのが現状です。

高血圧の薬で治療はできません

高血圧の薬(降圧剤)を飲んでも高血圧を根本的に治療できる訳じゃありません。医者が薬を処方するのは、血圧をコントロールするためであり、薬物治療と並行して、食事療法と運動療法を行う必要があるのです。

医者は薬の処方と経過観察!自分の努力で生活習慣を改善して血圧を正常値に戻す必要があります。よく高血圧の薬は一度飲み始めたら一生飲み続ける!と言う話を良く聞きますが、これは生活習慣を改善できない状態を続けているものです。

つまり薬を飲まなくても血圧が正常値になるように生活習慣を改善する以外は、薬を止めることはできません。 このように降圧剤を長く飲み続けると、血圧を下げる効果がある代わりに、副作用というデメリットも出てきます。このページでは薬(降圧剤)の効果や副作用など注意点についてまとめています。




スポンサーリンク

カルシウム拮抗薬の効果、副作用や注意点について

カルシウム拮抗薬とは、動脈の血管にある平滑筋にカルシウムイオンが流れこまないように、通り道を塞ぐことで血管を拡張させ血圧を下げる働きをする薬です。またカルシウム拮抗薬は、血圧を下げるだけではなく血流の流れも良くすることで、狭心症や心筋梗塞などの疾患の予防にも効果があります。カルシウム拮抗薬の効果と副作用について解説します。

カルシウム拮抗薬とは?

動脈の血管に平滑筋と言う筋肉があります。その平滑筋にカルシウムイオンが流れ込むと筋肉が収縮し血管が細くなり血圧が上昇してしまいます。カルシウム拮抗薬は、そのカルシウムイオンの通り道をふさぐ働きをすることで血管を拡張させ血圧を下げる働きをします。

カルシウム拮抗薬を服用することで血管を拡張し血圧を下げるだけではなく血流の流れも良くすることで、狭心症や心筋梗塞など脳や腎臓などの疾患の予防にもつながります。カルシウム拮抗薬は長年使われており種類もたくさんありますが降圧薬として使われているのがジヒドロピリジン系です。

また、血圧を下げる働きのほかに糖の代謝を改善したり心臓や腎臓の負担を軽くする働きなども期待されるため病状にもよりますが、心筋梗塞、心不全の治療や心肥大の抑制、腎不全の進行を遅らせたり糖尿病性腎症やメタボリックシンドロームの患者さんなどにも使われています。

カルシウム拮抗薬の副作用

ジヒドロピリジン系は降圧薬のなかで降圧の効果が最も高い薬です。動脈を拡張させるので強い降圧作用を示すようです。頭痛、動悸、頻脈、顔のほてりや足のむくみなどが起こりますが、静脈は拡張しないので立ちくらみなどは起こりにくい薬のようです。

そして、カルシウム拮抗薬を服用している時はグレープフルーツを食べたりするのはよくないようです。カルシウム拮抗薬は小腸で吸収され、肝臓で分解されますが、グレープフルーツに含まれるフラノクマリンが小腸での吸収や肝臓での分解にかかわる酵素の働きを抑えてしまうようです。

カルシウム拮抗薬の注意点

グレープフルーツを摂取してからカルシウム拮抗薬を服用すると薬の効果が継続してしまい血圧低下や心拍数の増加、頭痛やめまいなどが起こりやすくなります。カルシウム拮抗薬を服用している方はグレープフルーツは一緒に摂らないようにしましょう。

ACE阻害薬の効果や副作用について

ACE阻害薬とは、血圧を上昇してしまうアンジオテンシンⅡを作るACEという酵素の働きを阻止する薬です。アンジオテンシンⅡという物質は、血管を収縮させたり腎臓でのナトリウムや水分の排出を抑えて血液量を増やす作用があるため血圧を高くしてしまうのです。ACE阻害薬の効果や副作用について解説します。

ACE阻害薬とは

ACE阻害薬は、血圧を上昇してしまうアンジオテンシンⅡを作るACEという酵素の働きを阻止する薬です。私達人間の体には、塩分(ナトリウム)が必要です。この塩分(ナトリウム)が体から失われないようにする『レニンーアンギオテンシン』と言う仕組みが元々備わっています。

血液の中にはタンパク質のアンギオテンシノーゲンいう物質があります。これは何の働きもしません。そこに、腎臓から分泌されたレニン酵素がアンジオテンシノーゲン”に働きかけるとアンジオテンシンⅠができます。このアンジオテンシンⅠにACE酵素が働きかけるとアンジオテンシンⅡになります。この仕組みが私たちの体内から塩分(ナトリウム)が失われないように働いています。

ACE阻害薬の効果

そのアンジオテンシンⅡという物質は、血管を収縮させたり腎臓でのナトリウムや水分の排出を抑えて血液量を増やす作用があるため血圧を高くしてしまうのです。ACE阻害薬は、血圧をあげるアンジオテンシンⅡを作らないように働きかける薬です。アンジオテンシンⅡが作られなければ、血圧が高くなることは防げます。

そこで、血圧が高い患者さんに処方されるのがアンジオテンシンⅡをつくるのに働くACEと酵素の働きを阻害するACE阻害薬です。またACE阻害薬は、心筋保護作用や腎保護作用なども指摘されおり正常血圧の方で心臓や腎臓を守る目的や糖尿病を合併されている方に使用されることもあります。

ACE阻害薬の副作用

ACE阻害薬の働きはゆるやかで、世界的に広く使用されている降圧薬の1つです。ACE阻害薬で最も多い副作用は、痰を伴わない空咳で、20~30%の人に起こる副作用です。咳以外の副作用では、発疹、かゆみ、味覚障害などの症状がみられることがあります。また、妊娠する可能性がある女性や妊娠中授乳中の女性の方重度の腎障害がある方で血中カリウム濃度が高い方は使うことが出来ません。

ARB拮抗薬の効果や副作用について

ARB拮抗薬とは、アンジオテンシンⅡの働きを阻害し、血管を拡張させ、同時に水分や電解質を調整しながら血圧を下げる働きをします。ARB拮抗薬は高血圧の治療に単独で使われることもありますが、カルシウム拮抗薬や利尿薬と併用して使われることもあります。ARB拮抗薬の効果や副作用について解説します。

ARB拮抗薬とは

体の中で塩分を保持する組織に働きかける!管理人アンギオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)とは、レニン-アンジオテンシン系の働きに関係する降圧薬です。

1990年代から使用されるようになった新しい薬で、日本ではカルシウム拮抗薬の次に多く使用されている降圧薬の中心となる薬です。私達の体は、塩分(ナトリウム)がないと生きられません。その塩分(ナトリウム)が体から失われないようにする機構”レニンーアンギオテンシン”と言う仕組みがあります。

ARB拮抗薬の効果

血液の中にはタンパク質のアンギオテンシノーゲンいう物質があります。これは何の働きもしません。そこに、腎臓から分泌されたレニン酵素が ”アンジオテンシノーゲン” に働きかけるとアンジオテンシンⅠができます。このアンジオテンシンⅠにACE酵素が働きかけるとアンジオテンシンⅡになります。この仕組みが私たちの体内から塩分(ナトリウム)が失われないように働いています。

アンジオテンシンⅡは、塩分(ナトリウム)や水分の排出を防ぐ働きをします。しかし、血液量をふやし、心臓の収縮力を高めることで血圧を上昇させてしまいます。アンギオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)は、このアンジオテンシンⅡの働きを阻害し、血管を拡張させ、同時に水分や電解質を調整しながら血圧を下げる働きをします。

アンギオテンシンII受容体拮抗薬は高血圧の治療に単独で使われることもありますが、カルシウム拮抗薬や利尿薬と併用して使われることもあります。

また、血圧を下げる働きのほかに、糖の代謝を改善したり、心臓や腎臓の負担を軽くする働きなども期待されるため、病状にもよりますが、心筋梗塞、心不全の治療や心肥大の抑制、腎不全の進行を遅らせたり、糖尿病性腎症やメタボリックシンドロームの患者さんなどにも使われています。

ARB拮抗薬の副作用

アンギオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)は、副作用なども少なく使いやすい薬です。他の薬で見られる、軽い動悸やめまい、発疹、ほてり、軽度の頭痛やACE阻害薬にみられた空咳の副作用も少なく安全で使いやすい薬だとされています。

副作用が少ないお薬なので長期維持療法に適していますが、しかし、ほかの降圧薬に比べてかなり割高で経済的な薬とは言えないかもしれません。また、ACE阻害薬と同様、妊娠する可能性がある女性や妊娠中、授乳中の女性の方には使用できません。

α遮断薬の効果や副作用について

α遮断薬とは、自律神経に働きかけ血圧を下げる薬です。交感神経に刺激が加わるとα受容体でその信号を受け取り、それによって心臓が活発に働き、血管が収縮して血圧が上がります。血管収縮の働きに関わるα1受容体の動きを遮断して血圧を下げるα遮断薬の効果と副作用について解説します。

α遮断薬とは

α遮断薬とは、副交感神経に働きかける薬です。血圧が上がる原因の一つに自律神経などの影響があり、自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があります。

  • 交感神経・・・身体が活発に活動する時に優位に働く神経です。
  • 副交感神経・・・身体がゆったりとしてリラックスしている時に優位に働く神経です。

人間は緊張や精神的なショック、また、ストレスなどで血圧が高くなると言いますが、これは、心臓や血管も交感神経と関わっており、交感神経が緊張すると心拍出量が増加し末梢血管は縮小する事で血圧を上昇させます。

α遮断薬効果

α遮断薬はこの交感神経に働きかけ血圧を下げていきます。交感神経に刺激が加わると”α受容体”でその信号を受け取ります。それによって心臓が活発に働き、血管が収縮して血圧が上がります。このα受容体には、α1受容体とα2受容体の2種類がありますが、α遮断薬は、血管収縮の働きに関わる”α1受容体”の動きを遮断して血圧を下げる働きをします。

特に、朝血圧が高くなる『早朝高血圧』は、交感神経によるα1受容体の刺激が大きいとされおり、夜、寝る前に服用する場合がありますが、第一選択の薬として使用することはあまりありません。

α遮断薬の副作用

α遮断薬は、副作用なども少なく使いやすい薬です。α遮断薬を服用していると、血管の収縮が阻害され、脳への血液量が少なくなるため、めまい、たちくらみ、ふらつき、動悸、頻脈などが起こりやすくなります。少量から服用し徐々に増量にしていきます。そのほかに、頭痛、頭重感、倦怠感、脱力感、顔のほてり、眠気などの症状が出る場合があります。

β遮断薬の効果や副作用について

β遮断薬とは、交感神経の活動を抑制して血圧を低下させます。自分の意思とは関係なく心臓がドキドキしたり、動悸がしたりするときがあります。このとき交感神経の働きが活発になり血圧が上昇していますが、この交感神経の働きを抑制して血圧を下げるβ遮断薬の効果と副作用について解説します。

β遮断薬の効果

β遮断薬は、交感神経の活動を抑制して血圧を低下させます。自分の意思とは関係なく心臓がドキドキしたり、動悸がしたりするときがあります。このとき交感神経の働きが活発になり血圧が上昇していますが、この交感神経の働きを抑制して血圧を下げるお薬がβ遮断薬です。

交感神経が活発に働くと、それを受け取り心臓や血管に伝える受容体があります。α受容体とβ受容体です。β遮断薬は、心臓にあるβ受容体を遮断することで心臓の収縮力を弱め心拍出量を減らしたり腎臓から分泌されている『レニン』と言う血圧を上昇させるホルモンの分泌量を減少させ血圧を低下させる薬です。

β遮断薬は、主に交感神経が活発になりやすい若い方の高血圧や、狭心症や心筋梗塞後の方に使われています。また、β遮断薬と同じように、交感神経を抑制する薬がもう1種類あります。α遮断薬です。

α1遮断薬はその他に、糖・脂質代謝を改善する効果があるとされ現在、利尿薬やβ遮断薬の使用が困難な糖尿病、気管支喘息、心不全、通風などの場合第2選択薬としての使用が勧められているようです。その他に、α1遮断薬は、前立腺肥大症に伴う排尿困難の薬として、現在も多く使われる薬です。

β遮断薬の副作用

飲み始めに心不全が逆に悪化するなどの副作用が現れることがありますので、はじめは少量からスタートします。血糖や脂質の代謝に悪影響を及ぼすこともあり、高齢者や糖尿病、耐糖能異常などの症状がある場合には第一選択にはなりません。また、気管支が広がりにくくなるため、気管支喘息の人には使用できません。

長期間服用していたのに、突然中止すると狭心症や血圧の上昇、不整脈の悪化につながります。自己判断で内服をやめてしまうことは危険です。中止する場合には必ず医師と相談し徐々に減量していきましょう。めまい、ふらつき、強い疲労感、徐脈(脈がゆっくりになる)むくみ、体重増加などの症状が出る場合があります。

利尿薬の効果や種類・副作用について

利尿薬とは、腎臓に働きかけナトリウムの排泄を促します。血中の余分な水分が減り、血液の量が減るので血圧が下がります。また、利尿薬と他の降圧薬を一緒に使うことで降圧効果が増強されるのです。利尿薬には作用する尿細管の部位により3種類に分けられ、それぞれの効果と副作用について解説します。

利尿薬とは

血圧が高くなる原因の一つに、血液量が多くて血圧が上がる事が考えられます。これは、人間の体には血中のナトリウム(塩分)が増えすぎると体に必要な一定の量に調節する働きをする機能が備わっている為、水分を多量に摂り濃度を薄めます。その結果、水分が増え血管を流れる血液量が多くなり血圧が上昇してしまいます。
利尿薬は腎臓に働きかけナトリウムの排泄を促します。すると、血中の余分な水分が減り、血液の量が減るので血圧が下がります。また、他の降圧薬を使用していると、体液が増えてきてしますので利尿薬を一緒に使うことで降圧効果が増強されるのです。利尿薬は血圧を下げる薬として昔から使われいます。

利尿薬の種類と効果

利尿薬には作用する尿細管の部位により3種類に分けられます。それぞれ血圧を下げる効果に特徴があります。

サイアザイド系

尿細管でナトリウムの再吸収を抑え、循環血液量を減少させる働き。カルシウムの再吸収も促進するので骨粗鬆症の予防にもなるため、なりやすい高齢女性に使われることがあります。ですが、腎臓の尿細管で作用する薬なので、腎機能が低下していると効果が期待できないようです。重い副作用はないとされていますが、血中のカリウムが少なくなる低カリウム血症や尿酸値が上がることがあるようです。

ループ利尿薬

ヘンレのループといわれる部位に作用し腎臓にNaC1が再び吸収されるのを防ぎます。降圧剤効果はそんなに高くないため、サイアザイドのほうが良く使用されますが、腎機能が低下している方にも使える薬です。副作用として低カリウム血症の他に高血糖、高尿酸血症があげられます。

カリウム保持性利尿薬

カリウム保持性利尿薬は高血圧の方に第一選択薬としては使用させる事は少なく、いくつかの降圧剤を併用してもなかなか血圧が下がらない高血圧の方によく投与されます。アルドステロンホルモンの作用をブロックすることで腎臓からのナトリウム排泄を促し、血圧を下げるお薬です。副作用として高カリウム血症があげられます。

利尿薬の副作用

利尿薬は最も古くから使われ、効果が確実なので、海外でも多く使われている薬りです。利尿薬は少量であれば重い副作用はありませんが通常より多くとり過ぎると、尿として水分が出すぎ脱水症状になることもあります。

ですので、夏場の薬の量は、汗などで水分が出る事も考慮し薬を減らす方もいます。その他に、尿酸値が上がる事があったり、糖代謝、脂質代謝を悪化させてしまうので、糖尿病や脂質異常症、メタボリックシンドロームの方に使用するのは注意が必要です。

また、カリウム保持性利尿薬以外の薬では、血中のカリウムが少なくなる低カリウム血症の症状、筋肉低下、筋肉痛や疲労感などの症状がある場合があります。




スポンサーリンク



スポンサーリンク

塩分の摂り過ぎがヤバイ!
1日塩分摂取量は6グラムが理想とされているのに日本人の平均塩分摂取量は10グラムを超えているのをご存知ですか?これが高血圧の主な原因と言われています。