原因が特定できない本態性高血圧の原因として言われているのが、遺伝的素因と生活習慣です。

特に、生活習慣は高血圧と大きく関わっています。ですが、多くの方が生活習慣と言うと食事の摂り方を考えます。

実は、食事と同じくらい高血圧と密接な関係にあるのがストレスです。今回は、ストレスがどのように血圧を高めるのかメカニズムと、ストレスを解消する方法などをまとめています。

ストレスと高血圧の密接な関係について

近年はストレス社会と言われています。私たち人間は毎日の生活の中で知らないうちにたくさんのストレスを感じています。

仕事が忙しくて休みが取れなかったり、会社の上司や同僚、友人、家族など、人間関係がうまく行かなかったりしてイライラすることが増えてしまい、人であればストレスを感じない人は、まず居ないと言って良いでしょう。

また、ストレスには溜めやすい性格も関係していて、真面目、几帳面、神経質な人は何でも完璧にこなそうとしたり、責任を感じやすい面があるのが人一倍ストレスを感じやすいと言われています。しかし、このストレスが血圧を上げる大きな要因なのです。

あまりストレスを溜め過ぎてしまうと、体のいたる部分に悪影響を及ぼしてしまいます。その一つが血圧です。ストレスは、血圧にも密接に関係があり、血圧を上げる原因の一つなのです。

メカニズム

私たちの体は、何かの原因でストレスを感じイライラしている時は脳が興奮状態になります。それを危険と認識し身体が交感神経を優位にします。つまり戦闘モードにスイッチが入るんです。

すると、血小板機能が活性化し血液の粘度が高まり、血液がドロドロになり血流が悪くなるため血圧が上昇してしまいます。

さらに、ストレスを感じる事で自律神経が緊張しホルモンが分泌されることで、血管が収縮してしまい血液の流れが悪くなるので血圧が上がります。

このストレスが100%の原因で高血圧が起こるとは考えにくいですが、怒りや恐怖や不安という情動が適切に処理されないで慢性的なストレスを抱えてしまう場合、生活習慣の原因の1つとして『ストレス』は大きな要因になります。

それは、ほかの病気でも同じことが言えます。ストレスは健康を害する大きな原因とされており、いかに、ストレスを感じないように上手にコントロールできるかによって健康状態も大きく変わってくると医療の専門家も言っています。

ですから、高血圧を改善させるためには、ストレスを溜め込まないようにする事はとても大切な事なんですが・・・人によっては、そう簡単にストレスを減らすことは難しいかもしれません。

ですが、ちょっとした気分転換でも毎日続けていけば、ストレスは溜まりにくくなります。趣味など自分の好きなことを楽しむとか、睡眠時間を増やすなど体を休める、家族や友人とどこかへ外出する、軽い運動やスポーツで汗を流すなど、自分が好きで気持ちよくなれる事を見つけて定期的に行う事は大切です。




スポンサーリンク



スポンサーリンク

どんなストレス解消方法があるのか

では、その「ストレス」を溜め込まないようにして、どのようにして解消していくのかです。

手軽なストレス解消法として、とても効果的なのが友人や家族とのおしゃべりです。

ストレス発散には「会話」がとても有効的だと言われています。良く、「悩みを人に話しても解決できない!」と言って、誰にも話さないで抱え込んでしまう人がいます。

悩みを抱えていて、たとえ問題が解決出来なかったとしても、誰かに話を聞いてもらうことで、気持ちが楽になりリラックスします。

これまで誰にも相談しないで生きてきた。そんな方は、一度、信頼できる友人か家族に話してみてください。誰かに話を聞いてもらった後の、自分の気持ちはビックリするほどスッキリしています。

そのほかにもストレス解消法は色々あります。運動・スポーツをしたり、音楽を聞いたり 映画を見たり、カラオケに行ったり、自分が好きな方法を見つけて行うのが効果があります。気分転換をしてリラックスをする方法を見つけましょう。

また、運動やスポーツが苦手な方もいると思いますが、簡単な自己流のストレッチでも 身体を動かす事は、どんなに短い時間でも心がリフレッシュされてとても効果的です。

その他に趣味を持つことは良いストレス発散法になるようです。自分の好きなことに集中している時は嫌なことも忘れいきいきとしていると思います。なので趣味を見つけることもストレスに勝つ方法のようです。

また、感情の高ぶりは血圧をあげてしまうので抑えたほうがいいみたいですが、それは、相手があっての事です。避けたくても避ける事が出来ません。

そんな時は、肩の力を抜いて大きく息を吸いゆっくり深呼吸を数回してみてください。簡単な深呼吸数回が交感神経に働きかけリラックス効果があります。

そして、注意しなければならないことが、ストレスを溜め込み、イライラしてしまい人や物に八つ当たりしたり暴飲暴食、やけ酒、タバコの吸いすぎは逆に血圧を高めることになります。

一日を終えて自宅に帰った時は、入浴剤を入れてゆっくり湯船に浸かるとリラックスでき落ち着きます。

熱めのお湯が好きだと言う方もいらっしゃるかと思いますが、38度~40度位の温度がリラックス効果があると言われていますので、ちょっと物足りないなと思うくらいの温度でゆっくりとくつろいでください。

また、睡眠も大切なので、就寝の1時間ほど前にぬるめのお風呂につかると、眠りやすくなり理想的です。

注意点は、寝れないとついついテレビ、パソコン、スマホを見てしまう人もいるかと思いますが、それらは、睡眠を妨げるブルーライトがでています。寝る前には使うのを止めましょう。

こちらに書いたストレス発散方法を行っても解決できない方もいると思います。私が行っている方法なんですが、自分の事だと思うとストレスになってしまうので、もう一人の自分を登場させて、他人事のようにして自分を見るようにして、もう一人の自分と会話をします。

これを、するようになったら色んな事があっても、受け止め方が変わりました。楽になった感じです。是非やってみてください。




スポンサーリンク


塩分の摂り過ぎがヤバイ!
1日塩分摂取量は6グラムが理想とされているのに日本人の平均塩分摂取量は10グラムを超えているのをご存知ですか?これが高血圧の主な原因と言われています。