偏った食事が高血圧の原因になる

高血圧を改善する方法で真っ先に考えられるのが食事療法です。と言っても減塩食という単純な話ではありません。減塩しただけでは血圧はなかなか下がりません。

高血圧を予防する食事と、高血圧になってからではの血圧を下げる食事方法は、まったく違います。

まず、予防段階の食事法としては、バランスの良い食事をして脂肪分を抑えた低カロリーの食事をすることで、高血圧の原因にもなる肥満を予防することが大事です。

脂肪分が多い食事ばかりだと血液の中にコレステロールや中性脂肪が多く、溜まり血液がドロドロになってしまうことで血圧が上がってしまいます。

また、アルコールも少ない量なら問題ありませんが、毎日のようにお酒を飲んでしまうと血圧を上げてしまうので飲む量を減らすべきです。

意外と知られていませんが、アルコールは血液中の中性脂肪を増やす要因の一つで、血液検査で中性脂肪が高い人が、お酒を辞めたら正常値に戻ったケースも多いのです。

このように偏った食事を長年続けると高血圧になります。逆に言えば、高血圧になるまでには相当の時間がかかっているのです。

ですから一旦高血圧になると簡単には治りません。食事の改善にも徹底した管理が必要になります。




スポンサーリンク

高血圧になってからの食事

高血圧になってしまったら体質を改善しないといけないので野菜や果物など、血圧を下げる働きがある食品を中心とした食事療法が必要です。

特に、ほうれん草、春菊、かぼちゃ、アボガド、バナナ、りんご、などの野菜や果物には血圧を下げるカリウムという栄養素を摂取することが出来ます。

なぜ血圧を下げるかというと、カリウムという栄養素には高血圧の原因である体内に溜まった塩分を体外に排出する働きがあるからです。

ただ、最近では、食塩を減らして血圧が下がる人もいれば下がらない人もいることがわかってきて、やはりバランスの良い食事と運動を行うなど生活習慣を変えることが有効だと言われています。

あと骨を作り出す栄養素として知られているカルシウムも血圧を抑える働きがあります。牛乳などの乳製品、大豆製品、小魚などカルシウムが多く含まれている食品を食べることで高血圧の改善につながります。

しかし、どんなに食事に注意しても一向に効果が出ないと悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

医師の指導を受けた食事も管理栄養士の指導を受けた食事も短期間では効果がありません。つまり高血圧の食事の注意点は、効果が出るまで根気よく続けることなのです。

もともと血圧が高くなるような体質になってしまっているので、それを食事によって元の体質に戻すのですから時間がかかって当然です。

より早く効果を実感したいのであれば、体に溜まった毒素を排出する必要があります。悪い体質のままで、どんなにいいものを食べてもすぐに効果が出ないからです。

ですから・・・体内の毒素を出して体をリセットした上でバランスのよい食事を取ることが本来の高血圧治療の第一歩になるのです。

塩分の摂り過ぎがヤバイ!
1日塩分摂取量は6グラムが理想とされているのに日本人の平均塩分摂取量は10グラムを超えているのをご存知ですか?これが高血圧の主な原因と言われています。




スポンサーリンク



スポンサーリンク