池谷敏郎先生が毎日飲んでいる亜麻仁油入り野菜ジュースとは

池谷敏郎先生が毎朝飲んでいる亜麻仁油を使った特性野菜ジュースとは、血液をサラサラにしたり、悪玉コレステロールを除去したり、脂肪を燃焼するダイエット効果や血管を若返えらせる効果があり、健康だけでなく血圧を下げる飲み物としても最も人気のある飲み物です。

亜麻仁油入り野菜ジュースの作り方

亜麻仁油入り特製野菜ジュースは、リンゴやニンジンや緑黄野菜をジューサーで絞り、そこへ亜麻仁油を小さじ一杯垂らすだけで特性ジュースは完成です。この時のポイントは、この亜麻仁油のようなオメガ3系脂肪酸のオイルを混ぜることです。
オメガ3系脂肪酸は、血液をサラサラにしたり、悪玉コレステロールを除去したり、脂肪の燃焼を促進する効果があるのです。オメガ3系脂肪酸は、亜麻仁油だけでなく、シソ油やエゴマ油も含まれますので、自分の好きなものを選んで入れてください。
このようなオメガ3系脂肪酸なら、なにを使っても構いませんが、それぞれ香りがあるので、池谷先生は野菜ジュースと一番合うという理由で亜麻仁油を選んだそうです。ですから皆さんが特性ジュースを作る時は、亜麻仁油、シソ油、エゴマ油の中から好きなものを使えばOKです。
また野菜ジュースが苦手という方は、サラダのドレッシングにして摂取することも可能です。ジュースを作るのが面倒な方は、市販の野菜ジュースやトマトジュースに亜麻仁油を混ぜるなど作り方は自由です。 ただし亜麻仁油やエゴマ油は、熱に弱く加熱すると成分が酸化してしまいます。そのため野菜ジュースに混ぜたり、サラダのドレッシングにして摂取することが基本です。
池谷敏郎先生が野菜ジュースに亜麻仁油を混ぜているもう一つの理由は、野菜に含まれるミネラルと亜麻仁油を一緒に摂る必要性です。亜麻仁油単体でも効果は期待できますが、その効果を高めるには、野菜に含まれる補酵素(ミネラルやビタミン)が必要なので、一緒に摂取するメリットは大きいということです。




スポンサーリンク



スポンサーリンク


亜麻仁油入り野菜ジュースを飲むタイミング

亜麻仁油には脂肪の燃焼を促す作用があります。池谷先生が朝に亜麻仁油を飲んでいる理由は、この脂肪の燃焼を促進する効果を最大限に引き出すためです。特性ジュースを朝に飲んでから1日をスタートすると通勤や家事など少しの運動でも脂肪を燃焼しやすくなるそうです。

ちなにみ運動する前に亜麻仁油を飲んでから運動すると飲まないで運動する時の5倍から10倍も脂肪の燃焼が行われるそうです。凄いですよね?ただし亜麻仁油もカロリーが高いオイルなので摂り過ぎると逆効果になります。1日の適正な摂取量は小さじ一杯の亜麻仁油で十分だそうです。

亜麻仁油とは

日本では北海道など較的寒い地方で栽培されている亜麻という植物の種子がら抽出した油が、亜麻仁油(アマニ油)です。主な成分は、α-リノレン酸でオメガ3脂肪酸に分類される必須脂肪酸です。サプリメントなど使われる成分ですが、ドレッシングや食用油として販売されています。一般の食用油と比較する価格も高いのが特徴です。

亜麻仁油は1日5gの摂取が理想的

亜麻仁油は、健康成分が多く含まれているために生活習慣病の方や生活習慣病を予防したい方に注目されています。特にα-リノレン酸には、血液中の血栓を防いだり、中性脂肪を減らし動脈硬化を予防する働きがあります。ま細胞膜や皮脂膜の材料になるのもα-リノレン酸ですから新陳代謝を促進すると言われています。このように体内の酸化や老化を防ぐ効果が期待されてので亜麻仁油が注目されています。

亜麻仁油は、サプリメントで摂取する方法もありますが、できれば食用の亜麻仁油を購入して料理に使うことで摂取するのが理想的です。亜麻仁油は酸化しやすので、食用のオイルは100cc程度の比較的小さな瓶で販売されています。1日5cc摂取するとして約20日分のイメージです。※100ccで800円程度するので普通の食用油と比べると若干高いと感じるかも知れません。

食用の亜麻仁油は熱を加えると成分か分解されてしまうために加熱調理には使いません。テーブルの上に食卓用の亜麻仁油を置いて、あらゆる料理にかけて食べます。サラダにかけるのは一般的ですが、味噌汁やスープに少量を入れたり、主食で用意したおかずに少量かけて食べるという感じで手軽に使うのが秘訣です。また亜麻仁油を使った専用のドレッシングも販売されていますので、サラダや生野菜を好んで食べる方は、専用ドレッシングを使う方が手軽かも知れません。

塩分の摂り過ぎがヤバイ!
1日塩分摂取量は6グラムが理想とされているのに日本人の平均塩分摂取量は10グラムを超えているのをご存知ですか?これが高血圧の主な原因と言われています。