わたしの血圧は正常値なので、脳卒中や心臓病などの命に関わる病気を引き起こす危険性がある事など考えもしませんでした。

どころが、最新の研究では、健康診断などで血圧が正常値の人でも、大切な臓器にダメージを与え、脳卒中など命にかかわる病気のリスクを高める可能性がある事が分かってきたのだそうです。その原因は血圧サージです。

先日のNHKスペシャルでは、その血圧サージについて詳しく放送しました。内容は、血圧サージとは何か、血圧サージがなぜ脳卒中など引き起こすのか、さらに、血圧サージを起こす危険度のチェック方法や対策方法など、血圧の急激な上昇の危険性を特集しました。今回は、その内容をまとめています。

血圧サージとは?

サージとは高波の事

私たちの血圧は朝起きてから睡眠までの1日の中で緩やかに変動しています。ところが、あることが引き金になり、瞬間的に高波のように急激に血圧が高くなる現象を「血圧サージ」と言います。

この血圧サージを繰り返していると、脳卒中や心臓病などの命に関わる病気を発症してしまうリスクが高くなることが分かってきました。

しかも、この血圧サージを起こしているのは高血圧の人だけではなく、健康診断などで血圧が正常値の人でも可能性があり、現在、日本では病院などで診察を受けて分かっているだけでも900万人おり、1800万人はいるのではないかと言われています。

そこに高血圧患者が4300万と言われていて、高血圧の方はさらに血圧サージを起こしやすく影響も受けやすいので、血圧サージの対策は直ちに行う必要があるのです。

【ガイドラインでの高血圧の診断基準】

  • 病院で測定する「診察室血圧」基準値・・・最高140 / 最低90mmHg以上
  • 自宅で測定する「家庭血圧」基準値・・・最高135 / 最低85mmHg以上

心臓病や脳卒中を発症するリスクを知る

恐ろしいのは、血圧サージが起こっていても自覚症状が全くないことです。ですので、自分は心臓病や脳卒中を発症するリスクがあるのか?

そのリスクをしっかり把握しておくことが大切なんです。番組では、心臓病や脳卒中を発症するリスクを数値で表しました。

  • 正常値の場合のリスク・・・・・・・1
  • 高血圧の場合のリスク・・・・・・・・・・1,42
  • 血圧サージが起こっている場合のリスク・・・2,47
  • 高血圧で朝に血圧サージが起こっている場合のリスク・・・3.92

正常値の場合のリスクを1とすると、高血圧の人のリスクは1,42、血圧サージの疑いがある人のリスクは3倍近くなり、高血圧で朝に血圧サージを起こしている人は4倍近くもリスクが高くなります。

何故、血圧サージが脳卒中や心臓病などを引き起こすのか?

イタリアのテルニにあるサンタ・マルア・テルニ病院でおこなった最新研究で血圧サージのメカニズムが分かってきました。

血圧サージを度々起こしている150人の血管を徹底的に調べると、共通の特徴があることがわかりました。血管の壁が厚くなって硬くなっているのです。これは、血圧サージが度々起こっていたと考えられるそうです。

そのメカニズムですが、血圧サージが起こると、大量の血液が流れるので血管の壁が引き伸ばされて血管が広くなります。そして血圧が下がると壁は元に戻されて縮みます。

この伸び縮みが何回も繰り返し起こっていると血管がダメージを受けます。その修復を繰り返すことで血管の壁が硬く厚くなり動脈硬化が進んでしまいます。すると血管は柔軟性を失いもろくなり、耐え切れなくなり血管が破れてしまうのです。

さらに!認知症を発症するリスクも高くなる

山口大学の研究グループで、200人以上の高齢者を対象に記憶力などの認知機能のテストを4年間行い、血圧との関係を調べたそうです。

その結果、血圧サージが少ない人に比べて、多い人は認知機能が低下した割合が1,5倍になっていたそうです。

脳を調べてみると、この原因が分かりました。血圧サージが多い人の脳は神経細胞が死んでしまった白い点がいくつもありました。

これは、血圧サージを繰り返し起っていることで、脳の末端の細い血管が傷つき、その先の脳の神経細胞に酸素や栄養が行き届かなくなってしまったのです。その結果、認知機能の低下につながったと考えられるそうです。

血圧サージを起こしやすい時間とは

血圧サージが起こしやすい時間帯は「朝」が多いそうです。

そこで、スタジオのドクターからは、朝起きてトイレや歯磨きなどして少し動いた後、朝食を食べる前くらいに血圧を測ってみると、自分が血圧サージが起こっているのか分かると提案。

5日間くらい朝に血圧を測り、その結果、最高血圧が130以上になっていて、一番高かった血圧の日と、一番低い血圧の日の数値の差が20mmHg以上あったら注意をした方がいいとのことです。

早速、測ってみましょう。

血圧サージを危険度をチェックしてみよう!

さらに、番組では医療の専門医の監修のもと血圧サージの危険度チェックを作成しました。

全部で8つの質問に答えてください。判定は点数が高いほど危険度が高くなります。

年齢の質問
65歳未満・・・0点 / 65歳以上・・・1点
あなたのBMI(体格指数)は?
【BMIの計算式 : 体重(g)÷ 身長(m)÷ 身長(m)】※身長はmになります。163cmの方は1,63mになります。
25未満・・・0点 / 25以上・・・1点
深夜にトイレに行く回数
0回 ・・・0点 / 1回・・・1点 / 2回以上・・・2点
日中眠くなることは?
あまりない・・・0点 / 良くある・・・1点 
味の濃いものが好き?
好きではない・・・0点 / 好き・・・1点 / とても好き・・・2点
果物を食べる?
良く食べる・・・0点 / あまり食べない・・・1点 
お酒を飲む習慣は?(1日1合以上を週4日以上)
ない・・・0点 / ある・・・1点 
タバコを吸う?
吸わない・・・0点 / 吸う・・・1点 

【判定】

  • 6点以上・・・リスク高い
  • 4~5点・・・リスク中
  • 0~3点・・・リスク低

なぜ、血圧サージが起こるのか?

血圧サージが起こるカギを握るのは交感神経です。

末梢血管の周りを取り囲むように交感神経があります。交感神経が興奮するとノルアドレナリンが分泌されます。すると、末梢血管が収縮するので血圧が上昇します。

例えば、朝起きた時は交感神経が働き血圧が上がります。一方、夜は眠りに備えて交感神経は働かないので血圧は下がっています。

ところが、危険度チェックでリスクが高いと出た人は、朝起きた時、交感神経が働き過ぎて血圧が急激に上昇してしまいます。夜も交感神経が治まらないので血圧が上昇してしまいます。このようにして血圧サージが起こっていると考えられます。

【交感神経が過敏になる要因】
・加齢
・肥満
・塩分
・飲酒
・喫煙
・ストレス

など、そこに、引き金が加わると血圧サージが起こってしまうのです。

番組では、幾つかの引き金になる例を挙げて紹介しました。

【引き金になると考えられるもの】
・力仕事
・会議
・医師の診察
・怒り
・コーヒー(カフェイン300mg)
・月曜日・・・休みの翌日で血圧が高くなる人がいる
・飛び起きる
・冷たい床
・トイレ(大)
・ダッシュ筋トレ
・くしゃみ・咳
・気温が低い
・冷水で洗顔
・タバコを吸う
・睡眠時無呼吸症候群
・降圧剤の切れ目
などです。

血圧サージ対策

血圧サージは自覚症状がありません。

だから恐ろしいのですが、自宅に1台血圧計を準備して、毎日朝晩など数回血圧測る事で血圧サージがどんな時に起るか把握することが最初のたいさくになります。それによって引き金や要因など血圧を上げる行為を改善する事ができます。

そして、もう一つの対策が『ハンドグリップ法』です。

ハンドグリップ法のやり方

カナダで、この方法を2か月間行った結果、血圧サージの頻度が半分以上減少したという研究データーがあるそうです。

手で物を握ると腕の血圧が一時的に高くなり、その情報が神経を通じて脳に伝わります。すると、脳では血圧が上がり過ぎていると判断して、交感神経の活動を抑えるように働き、血圧サージが減少したと考えられています、

使うのはタオルです!

握る時のポイントは全力の30%の手の力で握る事なんです。※力を入れすぎると血圧が上がってしまいます。

タオルを使うと最大握力の2割~3割になり丁度いいのだとか。

まずは、使うタオルの折り方です。

  1. 細長いフェイスタオルを用意します
  2. 縦に一回織ります。
  3. 横に二回織ります。
  4. それを丸めて握ります。

大切なのはタオルを握った時、親指と他の指がくっつかない太さにする事。くっ付いた場合は、細過ぎるので折るなどして太さを調整してください。

軽く握って2分間その状態。左右2回ずつ計4回を1日おきに4週間実践してみましょう。

まとめ

これまで、血圧サージが注目されなかったのは、高血圧と診断された人のようにいつも血圧が高いわけではないので、その血圧の変動が分かりにくかったことがあげられます。

ですが、世界中でいろんな研究がされて次第に明らかになってきました。

これから、寒い季節に入ります。すると、血圧が高くなり、さらに血圧サージのリスクが高くなります。

自宅に血圧計を準備して、まずは先ほど紹介した朝の時間に血圧を測りましょう。

朝の時間帯に血圧を測って2日に1回、もしくは週に4回以上135以上超えている人は要注意になります。

また、元々、血圧が高い方も早急に対処しましょう。

塩分の摂り過ぎがヤバイ!
1日塩分摂取量は6グラムが理想とされているのに日本人の平均塩分摂取量は10グラムを超えているのをご存知ですか?これが高血圧の主な原因と言われています。