生活習慣病のリスクファクターである高血圧は、誰でも知っている症状と言っても過言ではありませんね。ただ、高血圧には原因によって本態性高血圧と二次性高血圧の2種類に分かれている、ということはあまり知られていません。高血圧は生活習慣によって発症するイメージがありますが、種類によって治療方法も変わるので、異なる2種類の高血圧について学んでおきましょう。

本態性高血圧とは

高血圧を発症している人のおよそ90%は本態性高血圧と言われていますが、これは原因不明の高血圧です。ただし、原因不明となっているものの、発症原因には遺伝因子や環境因子が関わっていることが分かっています。ですが、特にこれが原因という遺伝子が見つかっているわけではないため、原因不明ということになるようです。本態性高血圧の遺伝因子にアルコールや喫煙の習慣や塩分や油分が多い食生活、体質などが重なることで本態性高血圧が発症すると言われています。

二次性高血圧とは

本態性高血圧ではない残りの約10%に発症している二次性高血圧は、原因が明らかになっている高血圧です。と言っても、原因は1つではありません。
二次性高血圧は、腎疾患や内分泌疾患、ホルモンの分泌異常、もしくは薬の副作用による血圧の上昇などが原因として挙げられます。この高血圧を判断するには検査が必要ですが、普通の血圧測定では高血圧としか判断されません。そのため、検査の必要性の有無を判断できるよう、20歳以下、50歳以上の高血圧や急激な血圧上昇、臓器障害、降圧剤治療への抵抗性などが基準として設けられています。




スポンサーリンク



スポンサーリンク

高血圧の危険性

本態性高血圧でも二次性高血圧でも、どちらも高血圧なことには変わりないため、放っておくのは危険です。
高血圧というのは、血管に血液の圧力がかかり続ける状態です。ホースに高い水圧で水を流し続けたら、破れたりヒビ割れができたりして劣化し水が流れなくなりますが、血管にもこれと同じことが起こるのです。高血圧の人は、血管の障害によって心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高くなり、死亡する危険性もあるので早期発見を心がけましょう。

種類ごとの治療法とは

本態性高血圧は原因が不明ですが、多くの場合生活習慣が関わっていると言われています。ですので、薬で血圧を下げながら生活習慣を改善していくことが治療法になります。
一方、二次性高血圧は原因が分かっているので、その原因を取り除く治療を行うことで高血圧を改善していきます。

高血圧というのは重篤化しない限り自覚症状がありませんし、血圧は1日の間に変化しますから気がつきづらいという特徴があります。
しかし、多くの方に発症しているものですし、悪化すると命に関わる症状を併発するので気をつけてください。




スポンサーリンク


塩分の摂り過ぎがヤバイ!
1日塩分摂取量は6グラムが理想とされているのに日本人の平均塩分摂取量は10グラムを超えているのをご存知ですか?これが高血圧の主な原因と言われています。