全体の9割を占める本態性高血圧の原因は、生活習慣で複数の要因が重なって発症します。血圧を下げるには、高血圧を引き起こしている原因をすべて取り除かなければなりません。逆に言えば原因さえ無くなれば、血圧が高くなることもなく自然と高血圧は完治します。




スポンサーリンク



スポンサーリンク

飲酒(アルコール)は、飲みすぎてしまうと心拍数を上げてしまい心臓に大きな負担を与え血圧を上昇させてしまいます。アルコールが高血圧の原因になるメカニズムと高血圧に優しいお酒の飲み方を紹介します。
血液中の中性脂肪値が高いと動脈硬化を引き起こし高血圧の原因となります。その対策として中性脂肪を下げる食べ物や中性脂肪を高くする運動不足やアルコールの摂取の注意点について解説しています。
血液中の中性脂肪値が高いと動脈硬化を引き起こし高血圧の原因となります。その対策として中性脂肪を下げる食べ物や中性脂肪を高くする運動不足やアルコールの摂取の注意点について解説しています。
動脈硬化を起こすと血管が狭窄や硬くなり血流が悪化させ血圧を上昇させます。また血栓がつまり合併症を起こす原因となります。動脈硬化とは、どんな症状か?カラダに与えるダメージや対策方法について解説します。
塩分(ナトリウム)を過剰摂取すると一定の浸透圧を保つため血液中の水分が増えます。循環する血液量が増えて血圧が上昇します。塩分の摂り過ぎが高血圧の原因となる仕組みとその対策方法について分かりやすく紹介します。
運動不足は、心肺機能が低下し血液がスムーズに循環しなくなります。また体が固くなったり肥満を起こし血管を圧迫するので血圧が上昇します。ここでは運動不足が高血圧の原因になるメカニズムと対策方法を紹介します。
肥満やメタは高血圧の原因の一つで、特に内臓脂肪型肥満の人が高血圧になりやすく実際に減量すると血圧が下がったという事例があります。肥満やメタボが高血圧の原因となるメカニズムや対策方法を紹介します。
タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ血圧を上昇させるため喫煙が高血圧の原因と言われています。逆に禁煙すると5mmhg~10mmhgほど血圧が下がります。ここでは喫煙が高血圧を引き起こすメカニズムを解説します。
人間の体は、ストレスを感じると脳が興奮状態になり交感神経を優位にするため血圧が上昇します。ストレスを解消して高血圧を予防する対策方法をご紹介します。