高血圧に良い食べ物を一覧にまとめました。高血圧に良い食べ物とは、降圧作用の成分が入っているものから、必須脂肪酸や必須ミネラルなど健康維持に欠かせない栄養素まで幅広くあります。高血圧に良い食べ物にどんなものがあるのか?その成分や効果など合わせて紹介します。

高血圧に良い食べ物とは?

高血圧に良い食べ物とは、どんなものでしょうか?血圧を下げる食べ物とよく勘違いされますが実は間違った考え方です。そもそも高血圧の食事療法とは、血圧を下げる成分を食べるものではありません。薬物治療で血圧をコントロールしている間に、食生活を見直して高血圧にならない健康な体に戻すことが目的です。

つまり血圧を下げる成分を含む食品を食べても、一時的に血圧を下げることができるかも知れませんが、これは薬物治療と同じで根本的に高血圧を治療するものではないのです。

高血圧になるには、偏った食生活やカロリーや塩分の摂り過ぎにより肥満やメタボ、ドロドロ血液(脂質や糖質)、動脈硬化(血管狭窄)、ホルモンの異常分泌や自律神経(交感神経や副交換神経)の異常など高血圧の原因を作りだしています。

これらの高血圧の原因を作らない食事が高血圧に良い食べ物なのです。




スポンサーリンク



スポンサーリンク

血液をサラサラする食べ物

血液中に脂質や糖質が多いとドロドロ血液になり高血圧の原因となります。ドロドロ血液は、食事が密接に関係しているので、血液をサラサラにする食べ物を積極的に摂るのが理想です。

タマネギやニンニクに含まれるアリシンという成分は、血液中コレステロール値を下げ、血小板の凝固を抑制する働きがあります。血液をサラサラにして血圧を下げる効果と血栓を予防する効果が期待できるでしょう。とくにニンニクは加熱するとアリシンからアホエンが作られ効果が高いとされています。

EPA、DHAの不飽和脂肪酸も血液をサラサラにする効果があるといわれています。EPAはサバやイワシ、サンマなどの青魚に、DHAはマグロ、ブリ、太刀魚に多く含まれます。飽和脂肪酸をたくさん含む肉の摂取はできる限り控えて、コレステロールを増やさないように注意します。

イカ、たらこ、イクラなどの魚介類、レバー、生クリームやバターなどの乳脂肪はコレステロールの多い食品です。水溶性食物繊維は腸内の過剰なナトリウムを排出するほか、脂質や糖質の吸収を抑える働きがあります。

オクラやモロヘイヤ、山芋などの野菜類、海藻類、こんにゃくなどの食物繊維は血圧の上昇を防ぐ効果があるようです。血管を強くするタンパク質は赤身肉や魚、大豆製品から摂りますが、タウリンを含む貝類には血圧を下げる働きがあるといわれています。

血圧に良い食べ物はこれだからと、そればかり食べていても血圧が下がるわけではありません。減塩や摂取カロリーの制限、適度な運動なども心掛けて、まんべんなく食べて栄養のバランスを図りましょう。

血液をサラサラする食べ物

血液中に脂質や糖質が多いとドロドロ血液になり高血圧の原因となります。ドロドロ血液は、食事が密接に関係しているので、血液をサラサラにする食べ物を積極的に摂るのが理想です。

タマネギやニンニクに含まれるアリシンという成分は、血液中コレステロール値を下げ、血小板の凝固を抑制する働きがあります。血液をサラサラにして血圧を下げる効果と血栓を予防する効果が期待できるでしょう。とくにニンニクは加熱するとアリシンからアホエンが作られ効果が高いとされています。

EPA、DHAの不飽和脂肪酸も血液をサラサラにする効果があるといわれています。EPAはサバやイワシ、サンマなどの青魚に、DHAはマグロ、ブリ、太刀魚に多く含まれます。飽和脂肪酸をたくさん含む肉の摂取はできる限り控えて、コレステロールを増やさないように注意します。

イカ、たらこ、イクラなどの魚介類、レバー、生クリームやバターなどの乳脂肪はコレステロールの多い食品です。水溶性食物繊維は腸内の過剰なナトリウムを排出するほか、脂質や糖質の吸収を抑える働きがあります。

オクラやモロヘイヤ、山芋などの野菜類、海藻類、こんにゃくなどの食物繊維は血圧の上昇を防ぐ効果があるようです。血管を強くするタンパク質は赤身肉や魚、大豆製品から摂りますが、タウリンを含む貝類には血圧を下げる働きがあるといわれています。

血圧に良い食べ物はこれだからと、そればかり食べていても血圧が下がるわけではありません。減塩や摂取カロリーの制限、適度な運動なども心掛けて、まんべんなく食べて栄養のバランスを図りましょう。

マキベリーに含まれるポリフェノールは抗酸化作用があり、血液中に含まれているコレステロールや中性脂肪を除去し血液をサラサラにして血圧を下げる効果があります。そんなマキベリーの効果と摂り方を紹介します。
カリウムには、ナトリウムを排出して血圧を下げる作用があります。1日の摂取目安量は男性で2,500mg、女性で2,000mg!ここではカリウムを多く含む食べ物と血圧を下げる作用について分かりやすく紹介します。
小豆島の役場の調査データーによるとオリーブオイル使用した65歳以上の高血圧71人中49人がわずか1年で血圧が改善傾向になったと結果がでています。小豆島オリーブオイルで血圧が下がるメカニズムを紹介します。
がごめ昆布のネバネバには、フコイダン・アルギン酸・ラミナランなどの成分が多く含まれて血圧を下げる効果が期待されています。がごめ昆布のお得な購入方法から高血圧の改善に最も効果的な食べ方をご紹介します。
ダークチョコレートには、血圧を下げる効果があり高血圧の予防におすすめ!その秘密は、カカオに含まれるポリフェノール【エピカテキン】ひとかけらで効果が期待できるが、カカオ72%以上のダークチョコを選ぶのがポイントです。
サーデンペプチドは血圧をケアする成分としてトクホ(特定保健用食品)に使われている成分です。サーデンペプチドが高血圧の対策に有効であると理由とサーデンペプチド配合サプリについて分かりやすく解説します。
米油は動脈硬化を予防し血圧を下げる効果がある話題です。その秘密は、米油の2台成分ガンマオリザノールとスーパービタミンE!ここでは高血圧に作用する米油の効果と人気のえごま油やアマニ油との違いを説明します。